SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
MANGA LIST(工事中)
[あ行]
アイシールド21 15 17 18
暴れん坊本屋さん 1 2
EVIL HEART 1
ヴィンランド・サガ 1
9
うつうつひでお日記
NHKにようこそ! 3 4 5
凹村戦争(おうそんせんそう)
おおきく振りかぶって 3 6
オクタゴニアン 1

[か行]
カタリベ
capeta カペタ 6 10 11
きょうの猫村さん 1 2
金魚屋古書店 1 2 3
キングダム 1
クピドの悪戯 1〜5 6 7
鉄のラインバレル 1
げんしけん 7

[さ行]
ササナキ 1 2 3 4
さよなら絶望先生 1
G戦場ヘヴンズドア 全3巻
シグルイ 1 2 3 4 5 6
失踪日記
SIDOOH-士道 1 3 4 5
週刊石川雅之
少年探偵犬神ゲル 1
スティール・ボール・ラン 3&4 7 8
すもももももも~地上最強のヨメ 1 2
センゴク 1
ソラニン 1 2

[た行]
団地ともお 1 2
DEATH NOTE 8 10 11 12
鉄子の旅 1 2 3 4
デトロイト・メタル・シティ 1

[な行]
なるたる―骸なる星珠たる子 全12巻
にらぎ鬼王丸 4
のだめカンタービレ #11 #14 #15

[は行]
ハツカネズミの時間 1 2
パンテラ 3
BAMBOO BLADE 1
BLEACH 21 22
ひかりのまち
人斬り龍馬
文車館来訪記
武装錬金 5 10
ふたつのスピカ 9 10
ブラックジャックによろしく 13
PLUTO 3
へうげもの 1 2
べしゃり暮らし 1
BECK 20 21 25 26
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 2
北神伝綺(上)(下)
ぼくらの 4

[ま行]
魔女 1
ミスター味っ子2 2
蟲師 5 7
MAJOR 51 55
もっけ(勿怪) 5
もやしもん 1 2 3

[や行]
夕凪の街 桜の国
よつばと! 4 5

[ら行]
らいか・デイズ 1
ラブロマ 1 2 3 4
ラルシド! 1
ルサンチマン 1 2 3 4

群青日和

オタクの成分
<< SIDOOH-士道 4 | main | シグルイ 3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
へうげもの 1
へうげもの 1 (1)
へうげもの 1 (1)
山田 芳裕

ひょうげもの ひやうげ― 0 5 【ひょうげ者】 (goo辞書)

戦国時代、織田信長に仕える武将・古田左介(古田織部正重然)は、茶器をこよなく愛し、独自の美的センスに基づいた感性で世の中を見ていた。
芸術という観点から戦国時代へ切り込んでいく話、古田織部を主人公にした話は目新しく、非常に面白かった。名器の数々を目の当たりにしては異常な興奮を覚えたり、軍議に並ぶ武将たちの甲冑を見ては心の中で独自の評価をしたり等、へうげもの古田織部の生き様が楽しい。仕える大主君・織田信長、師と仰いだ茶聖・千利休から影響を受け、武功や槍働きが第一とされた戦いの時代の中で、織部は芸術の感性を研ぎ澄ませていく。
第一話、この「へうげもの」の皮切りとして描かれたのが、戦国時代の歴史を知っている人ならば誰もが奇抜に思うであろう事件、松永久秀が平蜘蛛と共に爆死した事件だ。「へうげもの」らしく思うそのオープニング、この一般にはあまり知られていないであろう事件をまず描き、もう一つの主人公である「茶器」の存在を印象付けた描き方には、感嘆せざるを得ない。第一話から醍醐味が味わえ、この一話だけでも面白い。秀逸。
描くものは茶器だけに留まらず、諸説流れる本能寺の変の陰謀までも描こうとしていく。茶の道の大成と共に、歴史の波も様々に変化していく。どうなるのか。
読ませていく話。血生臭い時代に生きていた人々が持っていた文化的な側面、一度手に取って感じてみて欲しい。

古田重然(Wikipedia)
織部焼(古田織部について)器.com
すきしゃ 2 【好き者/数寄者/数奇者】(goo辞書)
千利休(Wikipedia)
織田長益(Wikipedia)
中川清秀(Wikipedia)
古天明平蜘蛛(Wikipedia)


[他の巻の感想]
へうげもの 2

[同じテーマの記事]
第弐齋藤 土踏まず日記 | ヤング☆パイン(桜) | 舞音日々 | もの好き もの子のモノ日記 | 毒書で一言
| マンガ | 01:47 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 01:47 | - | - |
 とうとう1巻が出たんですね。山田芳裕にハマるのは、度胸星以来です。
 最近、時代物にハマってる我輩ですが、古田織部も捨てがたいですが、織田有楽斉、松永久秀を漫画化するのも面白そうですね。
 個人的には松永久秀を扱った小説「悪霊」(早乙女貢:著)を漫画化してほしいな〜と思います。
| まるお | 2006/03/24 11:29 PM |
山田芳裕氏を掘り下げていくと、必ずあたる「度胸星」の名。読んでみないとですね。
| つぐ | 2006/03/26 1:37 AM |









http://gunjobiyori.jugem.jp/trackback/147
目印は「P・I・N・K」。4月の男は桃色だ!?
 第2服のカバーはこれです。  実物はもっと鮮やかなピンク色に輝いております。  あしからず。 ★このブログへのご意見、ご感想、 書店のみなさまからのお問い合わせは、こちらから ★週刊モーニングオフィシャルサイト〈e-モーニング〉 【へうげも
| へうげもの official blog | 2006/05/01 12:42 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/24 9:19 PM |