SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
MANGA LIST(工事中)
[あ行]
アイシールド21 15 17 18
暴れん坊本屋さん 1 2
EVIL HEART 1
ヴィンランド・サガ 1
9
うつうつひでお日記
NHKにようこそ! 3 4 5
凹村戦争(おうそんせんそう)
おおきく振りかぶって 3 6
オクタゴニアン 1

[か行]
カタリベ
capeta カペタ 6 10 11
きょうの猫村さん 1 2
金魚屋古書店 1 2 3
キングダム 1
クピドの悪戯 1〜5 6 7
鉄のラインバレル 1
げんしけん 7

[さ行]
ササナキ 1 2 3 4
さよなら絶望先生 1
G戦場ヘヴンズドア 全3巻
シグルイ 1 2 3 4 5 6
失踪日記
SIDOOH-士道 1 3 4 5
週刊石川雅之
少年探偵犬神ゲル 1
スティール・ボール・ラン 3&4 7 8
すもももももも~地上最強のヨメ 1 2
センゴク 1
ソラニン 1 2

[た行]
団地ともお 1 2
DEATH NOTE 8 10 11 12
鉄子の旅 1 2 3 4
デトロイト・メタル・シティ 1

[な行]
なるたる―骸なる星珠たる子 全12巻
にらぎ鬼王丸 4
のだめカンタービレ #11 #14 #15

[は行]
ハツカネズミの時間 1 2
パンテラ 3
BAMBOO BLADE 1
BLEACH 21 22
ひかりのまち
人斬り龍馬
文車館来訪記
武装錬金 5 10
ふたつのスピカ 9 10
ブラックジャックによろしく 13
PLUTO 3
へうげもの 1 2
べしゃり暮らし 1
BECK 20 21 25 26
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 2
北神伝綺(上)(下)
ぼくらの 4

[ま行]
魔女 1
ミスター味っ子2 2
蟲師 5 7
MAJOR 51 55
もっけ(勿怪) 5
もやしもん 1 2 3

[や行]
夕凪の街 桜の国
よつばと! 4 5

[ら行]
らいか・デイズ 1
ラブロマ 1 2 3 4
ラルシド! 1
ルサンチマン 1 2 3 4

群青日和

オタクの成分
<< ユグドラ・ユニオン Time 06:20:12 Vol.2 | main | PLUTO 3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
カタリベ
カタリベ
カタリベ
石川 雅之

「もやしもん」、「人斬り龍馬」、「週刊石川雅之」に続いて購入した石川雅之氏の本。もやしもんブームに乗って4冊目。
南北朝時代、日本と朝鮮半島の間の海域や、西は黄海、南は東シナ海で跋扈していた海賊たち。日本本土では、南北朝間で内乱が繰り広げられていた時代、日本近海の海上においても、かなり複雑な勢力争いが繰り広げられていた。元寇に代表されるように、古くから異民族同士が衝突していた国境付近、九姓漁戸、倭寇、明人、悪党、幕府軍、女真族、果ては村上水軍など、様々なカテゴリーに所属する人間同士が争い、または徒党を組んでいく。
扱う内容がマニアックで面白い。「倭寇」はもとより、瀬戸内が縄張りのはずである「村上水軍」まで登場するし、なにより、主人公のカタリベが御曹司と呼ばれている「九姓漁戸」においては、この辺りの歴史を詳しく調べたことのある人ぐらいしか、その名を知る日本人は居ないだろう。渋い。登場する人々はオリエンタルな服装で、中にはアイヌ民族を思わせる服もある。その雰囲気やセリフからは、「もののけ姫」が思い返される。好きだ。大悪党・マエカワ率いる仲間たちが特に良い。
この作品は打ち切りの憂き目に遭い、話が未完のまま曖昧な結末を迎える。確かに、多勢力が入り乱れていたせいか、全体が朧気にしか掴めないように感じたし、主人公であるカタリベに、僕はあまり魅力を見出せなかった。ザックリと短い話数で纏まっても良かったのかとも思うし、壮大なまま大河物語にしても良かったのかとも思う。僕の御託並べはどうでもいいとして、好きなデザインだけに、中途半端なモヤモヤ感だけが読後引きずられていく。
余談。「もやしもん」を初めて読んだときに、まず面を喰らった「液体を垂れ流しながら貪る」というシーンが、この作品でも登場する。昔、「エヴァンゲリオン」のアニメでトラウマになりかけた描写だけに、フラッシュバックしそうになる…。

SPコミックス『カタリベ』
「カタリベ」の触りが立ち読み可能。
キチガイジャガシカタナイ
同じテーマの記事であると共に、九姓漁戸を解説されてます。
倭寇(Wikipedia)
悪党(Wikipedia)
八幡神(Wikipedia)


[同じテーマの記事]
キチガイジャガシカタナイ | 偏執実験場 | ねぶかどねざる | そんな事で大丈夫?@Shadow Hills | シチュー鍋の中の混沌 | gekka blog
| マンガ | 12:54 | comments(0) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 12:54 | - | - |









http://gunjobiyori.jugem.jp/trackback/155
カタリベ
★リイド社HPで立ち読みできます 石川雅之って人は、ストーリーテラーと呼ぶにふさわしい作家の一人だと思う。『週間石川雅之』『人斬り龍馬』を読むと、丁寧で無駄のない構成力とダイナミックな読後感を味わえる。ここまで骨太な作品を作り出せる作家は、なかなかお目
| シチュー鍋の中の混沌 | 2006/03/30 10:04 PM |
カタリベ
★★★★☆ 著者:石川雅之 出版社:リイド社 定価:680円 出版年月:2006年3月 明朝の中国大陸統一によって元末の動乱が終息して、数十年。 時は、新たなる血を海に求めようとして
| ねぶかどねざる | 2006/03/31 12:28 AM |
『カタリベ』
カタリベposted with amazlet on 06.03.11石川 雅之 リイド社 (2006/03/01)Amazon.co.jp で詳細を見る 日本は南北朝、中国は明王朝に支配されている時代の濃密な物語。...
| gekka blog | 2006/03/31 12:12 PM |
グリム童話 原作
グリム童話 原作
| グリム童話 原作 | 2009/10/29 3:25 PM |